医食同源で人生をスリムにしよう

太る体質 でも やせる出来る

ダイエットしてはいけない、ダイエットはリバウンドするのが人体。

2020夏までに理想の体型になろう。

おからパウダーにぼしの粉をカップ麺に混ぜてミネラルしっかり食べるだけで、
太る体質にさよなら、理想の体型になって、しかも健康な体になれる。

まず、太っているかどうか?セルフチェックはここ。

自分のアキレスけんを、指でつまめますか?つまめなければ立派なデブです。
いつも汗っかきです。 体を動かすのが嫌い 。
食欲旺盛というかいつも何かを食べているか飲んでいる。

=なぜダメなの、 =なぜ太ったー1、 =なぜミネラル、 =すぐやせる?、 =デブがやってはいけないこと、 =なぜ太ったー2、 =病院に頼る?

=なぜだめなの
太ってるって、見かけだけでしょう。暑苦しいとか。そんな単純な問題ではないのだ。

太っている体は、すでにビタミン・ミネラルが体全体の細胞からもぎとられて、正常なリフレッシュが出来なくなっている状態なんです。
リフレッシュされない体は、腐ってゆく、これが怖いところ。

体自身はミネラルが欲しいので、もっと食べろ、もっとお腹に詰め込めと騒ぐので人はつい食べてしまう。しかも甘いものが欲しくなるんです。つぎつぎに。

甘いものをたくさん食べると、糖分が有り余るから、体は体脂肪にして、とりあえず貯蓄する(デブになる)けれども、ミネラルは足りないから体はリフレッシュのされない。
疲れる、 肌が荒れてくる、 傷が治らない、爪が弱くなる、髪が薄くなる、など見えてくる。

デブになって、治療が必要となる国民が増加していくにも関わらず、監督官庁は何も手を打とうとしない、否、複数の監督官庁にまたがる問題には、互いにけん制しあって、出しゃばらないことが美徳とされており、国民は税金を払っているにも関わらず、なにも知らされないままである。
厚生労働省から1日に食べたい数種類のミネラル総量は 2.3gとされているが
農林水産省も管轄している商品に明記はされていない。
文科省も 学校教育現場で指導しているとは聞いていない。

参考までに、煮干し粉の成分表の写真を掲示。

官庁を仕切るのは国会なのだが、国民の根本問題は選挙の得票にならないから放置している。   戻る

なぜ太った -1

太ってしまったのは、あなたのせいではありません、しかし、体質、でもありません
正しい食事を教えなかった先輩(両親、祖父母、先生、メデイア)のせいです。
カロリーとビタミン・ミネラルとのバランスを、どんな食材を食べれば太らない(かつ疲弊してない)体になるか、ってことを、です。

周りの人は、ぽっちゃりしてるとかわいいねと言うのに、 ほっそりしていると、ちゃんと食生活しているの?と疑心の眼差しをむける。ほっそり体形のほうが、本当の人間(日本人)の体形なのに。

確かに、ほっそりしている両親の家族は、みんなが、ほぼほっそりしています。 しっかりした正しい食生活を送る習慣が受け継がれているのです。

===歴史的に太る食生活が形成された
太平洋戦争が始まって、国民はそれまでの食生活を我慢させられるようになっていき、
畑で食材(米、大豆、野菜など)を生産するべき働き手が、戦争に駆り出されて鉄砲や大砲を打つ作業などの、非生産的な仕事をさせられたからです。
終戦となってもその日の食べ物にも有り付けなくなってしまった。

この時代に、生活してきた世代が、何でも良い、腹いっぱい食べれれば幸せだと間違った生活感を醸成して、その次の世代を育ててきた。

その生活感で育った人々が大人になり、それを受け継いだ若い世代も、何でも構わない、空腹を埋めれるだけ食べられれば良いのだ、裕福な生活を送れているのだと、とんでもない食生活がまかり通っている。===

やせるには低糖質、低カロリーだけでは不可能です、食べる食材のバランスを変えましょう。

やせられる食事(昼食または夕食)は超かんたんです。
カップ麺に、プラス、スプーン2杯づつおからパウダーにぼしの粉を混ぜるだけ。
おやつ感覚で食べれる。
カップ麺の、残った汁に混ぜて食べる(飲むか、食べる前に入れてもOK)。

少しっくらい、食感が違い、魚の出汁が強調されるけど、カップ麺が食べれる人には平気です。

表から見ると、混ぜる量を増量すべきなのが分かる、他の食材を当てにしない(野菜・加熱済・を食べていない)のなら、5倍にはしなければ不足してくる。  戻る

なぜミネラルが必要なのかな
人体が欲しがるミネラルの カリウムK カルシウムCa マグネシウムMg リンP 等は地球上における元素の中では、特別に激しい反応性のある元素なんです。

なんだかミネラルって怖そうなものに思えるけど、人間の体ってそんなものが混ざってるんです。
人類が(動物も同じ)進化していく過程で、便利なもの、役に立つものを取り込んだ結果です。

確かに。 水(H₂O)と激しく反応し酸素Oを奪い取るとか、爆発的に燃えて空気中の酸素と結合したりとか、よく言うと、素早く動く元素ということで、 刃物に例えるなら、手術用のメス並みの切れ味なんです。

切れ味が必要な理由は
タンパク質をアミノ酸に変えるにはタンパク質の分子構造を断ち切ってアミノ酸に変えるのために。切れの良いメスが必要ということです。

人体はタンパクで出来てるのに、食べたタンパクは、そのままじゃ吸収できないんです。
炭水化物を、糖質、に変えるためにも炭水化物の分子構造を断ち切って変えなければ、吸収できない。
切れが良くない(アミノ酸等に作り変えられない)と、食べた食事が、内臓を通過する24時間では消化できないので、糖だけが吸収される。

ミネラルを確実に吸収すれば頑張らなくても太らないし、 体が 自然にリフレッシュしてゆく。ミネラル豊富な おから+煮干し粉末 をちょい足しして。
昼食だけ(夕食にも食べれば効果早い)(カップ麺+それ)を食べて、朝食や夕食は何を食べても、食べなくてもOK。

おからや、にぼしには、体のリフレッシュに必要な、ビタミン・ミネラルが一番多く含まれている食材で、しかも、加熱後に粉末にしてあるので、消化が良いのです。
何よりうれしいのは、安いんです、それと、時間が、いつでも、カップ麺を作る時間で食べれるってことが超便利。

だんだんと、ご褒美などという、意味ありげな言い方の、美味しいスイーツが、本物だけ少しで、満足できるようになる。
つまり、自然とやせる。体が疲れを感じなくなる。太らない。簡単だ!                 

価格面から見ると、最近見かける、青汁との比較では、327円に対し63円で5分の一である。青汁は8袋(水に溶かすと1.6リットル)が1日の必要量である。

―すぐにやせたい

太った体を細身にすることは、簡単では無い(どんなやり方をしてもです)
おからと煮干し粉の効果は、2週間くらいから出てくる。
見た目にはまだまだ痩せては見えないけど、だんだんにデザートなどが少しで満足できるようになってくる。

最近多い映え狙いのスイーツなど、 盛り込み過ぎ、 食べきれないよと思えるようになる。

===病院があるじゃないか。
やせるメカニズムに頓着せず、ふとったら、病気になったら、お医者さんに行き、薬をもらえばいいや、などとんでもない話です。
薬で完全に病気が治せたら、人間は100歳でも200歳でも生きられるはずです、が、残念!そんなことは出来ません。人間らしく考え方を少しだけ変えて、スマートに生きましょう。
    薬に頼って体が硬直クスリ地獄を見た  こちら ===

やせるような言葉ヘルシーhealthyとはカロリーだけのことではない

ヘルシーという言葉をくっつけた料理は、やせるということは保証してはいません。低カロリーや、カロリー・OFF、のことがヘルシー(やせるんだ)と思って食べていると、太る(太りたがる)体質になることを分かっていただけましたね。ビタミン・ミネラルが無くなってくる。

ミネラル・ビタミンの不足の食べ物では、賞味期限が過ぎて、劣化した体細胞を作り直そうとしている体自身許さない。もっともっと食べたがるようになり、結果デブになることを理解してください。

やせる=正しい食事とは何を食べるべきなのか、あなたの頭を整理して、理解して、簡単な食事で、綺麗にほっそりになりましょう。おからはカリウムーKを含んだ食物繊維がたっぷり、にぼしの粉はカルシウムーCaをたっぷり含んだタンパク質。
やせているのが自然の姿なのである、何百万年かけて作り上げてきた人間の体の仕組みをしっかり学習してください、歩けない人間は食料を手に入れられず、餓死し、淘汰されてきたのです。
人間らしい、ほっそり体形で毎日を過ごしましょう。   戻る

冷たい飲み物も太るもとデブは飲んではいけません #cool

メニューとは呼びませんが、冷たい飲み物も太るもとです。ほんとか??
冷たいものを飲むと、内臓は体温まで温めてから吸収するので、温めるためにカロリー+ビタミン・ミネラルを使います。体をリフレッシュする(痩せさせる)ための成分を使ってしまうのです。
ぬるめか常温にすべきです。人類発達の数百万年の歴史の間で、氷を食べて生き延びたことは有りません、必ず加熱して食べてきました。
戻る

ヘルシー=痩せる(と思わされている)メニューの怖さ。

カロリーが少ないだけの料理を、ヘルシーと呼んでるが、痩せるとは書いてない。ふとった人の勝手な思い込み。
ヘルシーメニューと書かれた料理は、雑味(素材本来の味)のもとになるミネラル分、を減らしたものが多い。
ミネラルを含まない料理は、伝統の食事(料理ではなく)には程遠く、体のあらゆる細胞をつくりかえる(リフレッシュする)能力は全くない。体はミネラルを欲しがり食欲が増す。
ミネラルは少ないから、結果やせない。当然です。

人間の体は自身を維持していくために、常に体を作り変えている(切り傷の治る期間から推定すると約2週間から2月毎)。
体表面の皮脂が剥がれて行くのは皮膚のリフレッシュ、爪が伸びるのもリフレッシュ、髪が伸びるのもリフレッシュ、見えないけど体の中の細胞も常にリフレッシュしている。

リフレッシュに必要なのは、タンパク質、脂質、炭水化物のカロリーはもちろん、人体はビタミン・ミネラルというカードを使って、人体自身が必要としている(劣化したので作り変えたい)細胞を、食べたカロリーから(もしくは体脂肪から)作り変えている。

脳細胞も血液も骨もすべて同じ。

(地球上の動物は皆同じです)。カロリーとビタミン・ミネラルがバランスしていれば必要以上のカロリーは食べろとは体は言わない、つまり、太らない。

==昔から、美食家は痛風になると言われている、高級料亭の料理ばかり食べていると、痛風を発症するとの経験からの戒めであろう。==

ビタミン・ミネラルを十分に含んだ食事をしないと、老化した細胞が正常にリフレッシュ(リストラクチャーが正しい)されず、へんてこな細胞が出来る(ずばりガン細胞)。
老化は30代から始まり、2週間の周期でリフレッシュされる、化粧品のコマーシャルで、お試し2週間、と、うたっているのが的確な表現です。
アキレス腱がくっきり見えるくらい、やせている体こそが、本当に健康な体なのです。

ヘルシーと呼ばれる料理(食事では無い)の一つに、生野菜のサラダ等があるけども、人間は、牛・ヤギと違い生野菜を消化する内臓は悔しいかな持ち合わせていない。
野菜にはビタミン・ミネラルが含まれているが、人体は吸収できない。水を飲んでいるのと同じである。

==野菜だって、自然界のあらゆる外敵、カビ、バクテリア、昆虫類から自身を守って次世代を残す種子を作っている、生の野菜は簡単には消化されないような防御システムを持ちえたから、現在も羽をもとい葉っぱを伸ばせているのだ。
食材を加熱することで消化・吸収を早め、2~5時間でも走ることの出来る他の動物に無い能力の体を人類は持ちえたのである。==  

見出しに戻る

やせなければいけないほど、なぜ、あなたは太ってしまったのか-2

太っている言い訳に、ストレスがあるから。

これは1面正しいのです。 人間はストレスを感じると、危機が迫っていると解釈し、飢餓に備えて、エネルギーを蓄えておこうと、食欲を旺盛にして食べられるだけ食べてしまいます。ストレスとはなんだ?

ストレスとは、自分より強い(と思い込んでいる)相手から、人間社会では、主に言葉で自分の存在を否定される場合にストレスとなります。ストレスから逃れるには?

やせるために、ストレスから逃れるには。

やせるためにストレスから逃れるには-1)、相手と全く顔を合わせない、ようにする。(現実にはむつかしいー引き籠り)。

やせるためにストレスから逃れるにはー2)、違う方法は、自分だけの秘密を持つ、そして、積み上げていく。
具体的な一つの行動は、道を歩いている時に見つけたゴミ(空き缶、ペットボトルが最適・1個で良い)を拾い、歩いた先に有る自動販売機の空き缶入れに捨てる。
初めはすぐ近くの人の視線が気になり、実行できないが、これを超えることが出来れば、世の中に怖いものは無いと思えるようになる。

他人に迷惑をかけることは絶対に無いし、街を綺麗にすることにつながる、ただし他言は無用。

ページ先頭に戻る

   本当は一見、ゴミのような食材なのに、ビタミン・ミネラルが含まれていて、きちんと人体をリフレッシュしてくれるのだ。ヘルシーメニューの料理とはの第4項で説明 http://coppa-g.net/wp/healthy-menu-more-calory/

【身長175・体重67kg・体肪率12・ウエスト83。20歳から半世紀変わらぬ体躯の管理人】
趣味は、料理ではなく、おもちゃ作りです。http://coppaーg.info で紹介してます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

メニュー マーマレード 手作り キッチン
メニューに見る奥方の食材選び
ご飯なに、おいしいご飯を食べさせたい
便秘なんとかしたい キムチが効くってご存知ない?
三徳包丁の材質と使い易さ
メニュー コレステロール下げるクスリの地獄からの生還
ご飯何、このラーメン食べずにラーメンは語れない 店名三幸苑
ご飯なに、ヘルシー(health-y)ご飯で健康な体を作る
メニュー おいしい料理はピカピカ包丁が必須
noimage

Menu

HOME

TOP