幸せになるなってる思いは太る生活習慣病のもと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せになりたいと誰しも思います、人それぞれに違いはあるけどみんなが思っている

幸せになりたい”きもちのすきま”に入り込むコマーシャルで太ってしまい生活習慣病に陥るスパイラル。

スイーツの綺麗なてんこ盛りを、幸せそうな顔をして食べているのを見て、
自分も同じように食べる、これが幸せだと。 
食べきれないはずなのに残すと不幸に感じる。太る⇒生活習慣病。

甘いお菓子を食べて(振りかも)綺麗な女性がテレビの中で、幸せ~!てつぶやくと、きれいな笑顔を見せると自分も同じ菓子を食べて、幸せに成れている、と思いこむ。たくさん幸せになりたいからたくさん食べちゃうね。太る⇒生活習慣病。

お肉が、おいしそうにジュウジュウと煙を上げているのを力いっぱい食べているのを見て自分も同じように食べる、これが
幸せなんだと自分に言い聞かせる、消化が遅いから食べすぎる。太る⇒生活習慣病。

缶コーヒーを自動販売機の前で、ひと口飲んで、ふーっと一息つく、
自分も一日の疲れがスーッと消えてゆくつもりになる
幸せを感じる、これが幸せになった証だと気持ちの方向をねじ曲げられている。すぐ空腹になり食べる。⇒生活習慣病                             

         

天然水のペットボトルから、ひと口飲むと、女子会で盛り上がって、 自分も
幸せなひと時を過ごせたように思ってしまう。 
水道水と同じ水にお金を払う。ミネラル無いから食欲は増す。

おいしそうにハンバーグとパンの組み合わせを頬張って(食べたかどうかは不明)、やる気を見せる映像を見て自分も食べてみる、やる気がみなぎったように思える、
幸せを感じる、が、カロリーが足りないと人体が言うので、他のものも食べてカロリーオーバーする。太る⇒生活習慣病・

泡の綺麗なビールをグイグイ飲むと、仲間と同等に並ぶことが出来た、否、 仲間より秀でていると思うことが出来る
幸せに出会える。カロリーオーバー。当然太る⇒生活習慣病。

スーパーの食品棚からお値打ちの袋をどっさりと買い物カゴに入れる、 両手に持ちきれないほど下げて帰る途中に
幸せを感じる。食べすぎ飲みすぎ間違いなくそうなる。余らすなど気持ちが許さない。太る⇒生活習慣病。

テレビやスマホの画面を見ながら幸せの共感にひたりつつ、 食べると
幸せになるとコマーシャルしているお菓子やポテトチップスを際限なく食べる、幸せになるなり続ける。ミネラルバランス悪いから食欲は落ちない。太る。
店頭に並ぶ菓子類や飲料のパッケージの迫力に引かれる気持ちはよく分かるが ⇒生活習慣病。

クルマや自転車を使い目的地へ速く到達すると、得したと、
人間は歩き続けて進歩してきたことを忘れ幸せを感じる、運動不足。
42kmを走り続けられるのは人間だけだとのこと、歩く必要があったのだ。

幸せになりたいなら医食同源で健康体を育てることが先決です。
健康体を作り上げる食材の選び方はこちらの記事を参考にして下さい。

体重へらしたいなら食べないと太るわけ

しあわせご飯でミネラルも食べて体重へらす

健康体ならばこそ前向きの思考が出来る。現実を受け止めることが出来て、ありのままの自分を認めてあげることで本物の
幸せになる努力、が出来る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*