医食同源で人生をスリムにしよう

デブの体で、やってはいけないこと

数kgを担いで 毎日の歩きで 運動しているのが 太めの人である 。

1.運動、2.カロリー制限3.発汗4.クスリ5.冷飲料6・アルコール7.妊娠

1・デブはやせるための運動をしてはいけない。
運動にはたくさんのエネルギーが必要だ、エネルギーは、炭水化物・タンパク・脂肪などを使う。
消費するから良いではないか、残念、エネルギーに変えるための、ビタミン・ミネラルがそもそも足りないふとった体なので、エネルギーにならない。
体が絶対に必要だと判断したら(災害や火事から逃げるなど)、やっと生きている体細胞からえぐり取ってきて、つまり自殺行為。     戻る

2・デブはやせるための、食べることをやめてはいけない。
どんな食材にも、ほとんど足りないまでもビタミン・ミネラルは含まれている、これすら食べなかったら体の細胞が壊死してしまう。ダイエットしてはいけない
戻る

3・デブはやせるための汗をかいてはいけない。
汗をかくのは、〔体温が上がり過ぎているー危険〕と 体が 判断して、冷却するために汗の蒸発潜熱を使おうとして、汗を作って皮膚から染み出させるのである。
デブの丸い体は、物理学でも使われる、体積(体重)と表面積(皮膚の面積)の割合が下がり、表面積が少なくなる。このため、体が冷えなくなり自然と多く汗をかく。
汗を作るにも、ビタミン・ミネラルが必要なので、足りなければ体のどこかをえぐって取ってくる。汗をかくのも命がけとなる。
汗には皮膚に病原菌がとり付かないように、ミネラルを含ませている、素晴らしい防御システムなのだ。                 戻る

4・デブはやせるためのクスリを飲んではいけない。
どんな薬でもだめです、体は毒が来た!と感じ必死で排出する。薬がとり付いた細胞を作り変えようとするが、この働きにも、ビタミン・ミネラルを使うために体のどこかをえぐって取ってくる。当然、体は老化する、ねらいと反対になる。
クスリが、人類進化の数百万年の歴史上に登場するのは、極最近(まばたきする程度の時間)である、薬で寿命が伸びたことは無い。
薬は最小限にして、出来るだけ飲まないこと。

クスリで体の自由を奪われた事例は こちら
menu-medicine-trouble
戻る

5・デブは冷たい飲み物を飲んではいけない。
メニューとは呼びませんが、冷たい飲み物も太るもとです。ほんとか??
冷たいものを飲むと、内臓は飲んだものを体温まで温めてから吸収するので、温めるためにカロリー+ビタミン・ミネラルを使います。体をリフレッシュする(痩せさせる)ための成分を使ってしまうのです。
ぬるめか常温にすべきです。人類進化の数百万年の歴史の間で、氷を食べて生き延びたことは有りません、必ず加熱して食べてきました。 戻る

6・デブはお酒(アルコール)を飲んではいけない。
アルコールは人体の内臓から直ぐに血液の中に吸収されるから、人体は急いで水と炭酸ガスに分解しようとする。
当然、ビタミン・ミネラルを必要とする。人類誕生から、発達の歴史の中で、アルコールが登場するのは最後の最後。アルコールのおかげで生き延びた時間は全くない。薬と同じである。    戻る

7・デブの女性は妊娠してはいけない。
胎児は成長(細胞を増やしてゆく)するために、カロリーはもちろん、ビタミン・ミネラルを大量に必要とする(当たり前)。ミネラルの不足している妊婦からはまともな栄養はもらえない、結果が心配だ。
母体もミネラル不足が増大して、ますますデブってゆく。      戻る
この時期はぜったいに食事に、ビタミン・ミネラルの多いご飯を食べる、乳児用のミルクを必要なだけ(乳児に飲ませる量)飲むことを勧める。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

デブとは言わせない、スリムでスレンダーな正しい体にするには
ご飯なに、ヘルシー(health-y)ご飯を食べて健康な体を作る
noimage
ご飯何、このラーメン食べずにラーメンは語れない 店名三幸苑
メニュー マーマレード 手作り キッチン
メニュー おいしい料理はピカピカ包丁が必須
メニュー コレステロール下げるクスリの地獄からの生還
便秘なんとかしたい キムチが効くってご存知ない?
サンマーメンを科学し愛し続ける
三徳包丁の材質と使い易さ
ご飯なにかなおいしいご飯を食べさせたい主婦が選ぶ料理アイテムNo1
メニューに見る奥方の食材選び

Menu

HOME

TOP